2018年12月06日

TBPニュース 2018.12.06

ルフトハンザ、関空線をフランクフルトからミュンヘンに、19年夏ダイヤ

ルフトハンザはこのほど、ミュンヘン空港をアジア路線を中心にしたハブ空港化することを決定した
それに伴い、19年夏ダイヤからルフトハンザ・ドイツ航空(LH)について、現在デイリーで運航中の関空/フランクフルト線を関空/ミュンヘン線に変更する計画を発表
 同グループによると、18年夏ダイヤ中に、A380型機5機をフランクフルト線からミュンヘン線に配置換えしたところ乗客から好評だったため、20年にはさらに多くのA380型機を配置換えする予定



シンガポール航空、関空線をA380のダブルデイリーに、期間限定

シンガポール航空(SQ)は12月8日から1月3日まで、1日2便で運航中の関空/シンガポール線を2便ともにA380型機で運航する
SQによれば、年末年始の需要増を見込むとともに、9月に台風の被害を受けた関空および関西エリアへの送客に貢献するという
10月28日からの冬ダイヤでは、そのうち1便にスイート12席、ビジネス60席、プレミアムエコノミー36席、エコノミー333席のA380型機を導入する予定だが、12月8日から1月3日までの間については、もう1便もスイート12席、ビジネス86席、プレエコ36席、エコノミー245席のA380型機に変更する


ミャンマー / ヤンゴン国際空港の国際線到着ターミナルが拡張

ヤンゴン国際空港の国際線第1ターミナル1階の到着ロビーが拡張し、到着客の手荷物受け取りゾーンからの出口が2ヵ所になりました

 拡張によりターンテーブルが8機に増えておりますが、特に4番と5番のターンテーブルは2ヵ所ある出口の中間地点に位置し、降機客が自然な流れに乗って動いたとしても、両方の出口に到達する可能性があります




チェジュ航空 関西空港ターミナルが第二に移転

(現在、ピーチ・春秋・チェジュ航空の3社が第二ターミナル発着になっております)




四川航空、関空/西安線を開設


四川航空(3U)は関空/西安線を週4便で運航しています

なお、同路線は中国東方航空(MU)がデイリーで、春秋航空(9C)が週1便でそれぞれ運航しています

 使用機材はビジネスクラス8席、エコノミークラス154席、計162席のA320型機





posted by tbp at 17:33| おしらせ