2018年09月28日

TBPニュース2018.9.28

国内線旅客施設使用料のご案内

10月28日搭乗分より航空運賃以外に国内でも施設使用料を徴収する事になりました
(これは空港施設整備費に充当されます)
関西空港 大人¥430 小人¥220
伊丹空港 大人¥260 小人¥130
千歳空港 大人¥270 小人¥140
羽田空港 大人¥290 小人¥140 など

因みに上記は発着全てに必要になるとの事です



国際観光旅客税

平成31年1月7日以降に出国される方は
国際観光旅客税 ¥1,000−を支払う事になりました
(2歳未満は不要)



ミャンマー無査証

10月01日より下記条件のもとミャンマーに無査証入国出来るようになります
@日本国籍 又は 韓国国籍であること
A観光目的での入国
Bパスポートの残存が入国時6ヶ月以上ある事
C現地滞在が28日以内である事



ミャンマー出入国カード不要

ヤンゴン・ネピドー・マンダレー空港利用の場合
出入国カードは不要になっております



ハノイからハロン湾への高速道路

前線工事が終了し、すでに通行開始しております
ハノイ市内よりハロン湾まで約2時間30分で行けるようになりました



関空 使用済スーツケースを無料回収

関西エアポートは、関西国際空港で8月6日から使用済みスーツケースを無料で引き取るサービスを開始しています
オリックス環境、JALエービーシー、コウノイケエアポートサービスの3社と共同で行われ、集めたスーツケースは検品して再利用される

 スーツケースの引き取り場所は、第1ターミナルビル4階の国際線出発フロアにあるJALエービーシーと、関西エアポートバゲージサービス(KABS)の手荷物一時預かりカウンター

引き取りの際、サービス利用者は航空券・パスポートの提示と所有権放棄の同意書にサインが必要となる

 関西国際空港では、空港内で放置されるスーツケースの数が増加傾向にあり、空港警備や保安、資源の有効活用などの観点から、このサービスが導入された

今後は、多言語での案内ポスターの設置やソーシャルメディアによる情報発信などで、周知を図っていくとしている




中国 / 入国審査時の指紋登録、ホテルチェックイン時の顔写真撮影について


中国では、ホテルチェックイン時に順次、宿泊客の顔写真撮影が必要になっております
深圳(シンセン)市内のホテルでは順次開始しており、「ミッション ヒルズ リゾート」など深圳側のホテルでは既に開始、一方、東莞側のホテルではまだ始まっておりませんが、準備が整い次第開始されるものと思われます

また深圳市以外の中国のホテルでも順次開始されております

ホテルチェックイン時の顔写真撮影は中国公安からの指示によるもので、ホテル側も義務で行っておりますので、全ての宿泊客の写真撮影が必須となります。

 顔写真の撮影は、ホテルに設置してある専用の機材(カメラ)を用いて行われますが、この機材も設置台数が限られているため、チェックインの際に顔写真撮影で時間を要する場合があります。

 なお通常はカメラの前に立ち、1人10秒程度で撮影・写真登録完了となります

中国では以前より宿泊客のパスポートコピーの公安局への提出が義務付けられておりますが、これに加え顔写真の登録も必須となります
またイミグレーションにて中国入国手続き時に行われる指紋登録も順次中国各地で開始されておりましたが、今年2018年初めから深圳にて入国手続きを行う際にも指紋登録が必要となっております

 よって、入国手続き時の指紋登録とホテルチェックイン時の顔写真登録のため、従来より時間がかかるようになっております







posted by tbp at 14:25| おしらせ

2018年06月12日

TBPニュース 2018.6.12

国際観光旅客税


来年から日本を出国する全ての旅客(2歳未満の幼児除く)に対して

「国際観光旅客税」が導入されます

航空機、船舶等で出国する場合に適用されます

航空機、船舶とも発券時にチケットに追加請求されます



導入時期:201917日(月)日本出発分から

徴収額 :1,000円(大人、子供同額)




スカイマーク、今冬にサイパン線就航




スカイマークと北マリアナ政府は日本/サイパン間の直行便就航に合意した

今後は12月から同区間でプログラムチャーターを実施し、来年5月からは成田/サイパン線のデイリー運航を開始する見通し

 なお、今夏は航空各社が日本/サイパン間でチャーター便を予定

7月にはチェジュ航空が中部発着で往復1便、8月にはアシアナ航空が成田発着で往復5便を運航する




チェジュ航空、7月21日から関空/グアム線、週6便




チェジュ航空は7月21日から、関空/グアム線を週6便で運航する

 グアム線の就航でチェジュ航空の関空線は計週76便に上り、関空に就航する航空会社のなかでは最多という

関空/グアム線の使用機材はB737-800型機で、運航スケジュールは以下の通り

▽関空/グアム線運航スケジュール(7月21日〜)
便名未定 KIX 10時10分発/GUM 14時40分着(月・火・水・木・土・日)
便名未定 GUM 15時40分発/KIX 17時55分着(火・木・土)
便名未定 GUM 15時40分発/KIX 18時20分着(水・金・日)
※機材繰りの関係で月曜日の関空発、金曜日のグアム発はそれぞれ片道のみの運航









posted by tbp at 17:34| おしらせ

2018年05月02日

TBPニュース 2018.5.02

JTBなど旅行7社、ハワイ島でシャトルバス共同運行、初の試み


ハワイ州観光局(HTJ)によれば、日本の大手旅行会社7社はハワイ島のコハラコーストで「ハワイ島イブニングシャトル」の共同運行を開始した
JTB、エイチ・アイ・エス(HIS)、近畿日本ツーリスト、日本旅行、東武トップツアーズ、ジャルパック、ANAセールスの7社が賛同して実現したもので、HTJなどが支援する
日本の複数の旅行会社がハワイにおいて、共同でシャトルバスを運行するのは初めて

 バスはマウナケアビーチホテルとクイーンズ・マーケットプレイスの間を、15時から23時45分まで1日3往復運行

6つのホテルと3つのショッピングモールに停車する

7社の旅行商品を利用する旅行者のみ乗車できる




比ボラカイ島、半年間の閉鎖、環境に配慮



フィリピン政府は、同国屈指のビーチリゾート地のボラカイ島について、6ヶ月間、観光客の立ち入りを禁止すると発表した

政府によればホテルや飲食店などの事業者による排水が垂れ流され、海を汚していることを問題視しての決定で、下水道整備など浄化に向けた対策を講じるという

 ボラカイ島は、フィリピン中部のパナイ島の北西沖に位置する、面積1000ヘクタールほどの小さな島

西側に広がる約4キロメートルの「ホワイトビーチ」が人気で、国内外から観光客を集めている

日本からの直行便は無く、アクセスする際にはマニラやセブなどで国内線に乗り換え、カリボ空港またはカティクラン空港からパナイ島入りし、カティクラン空港近くの船着き場からボートで島へ渡る




オーストラリア / ジェットスター航空」ブリスベン〜エアーズロック線を新規就航!(8月〜)



ジェットスター航空(JQ)は、2018年8月03日より、ブリスベン(BNE)〜エアーズロック(AYQ)間のフライトを週3便にて新規就航することになりました

 スケジュールは下記の通りです

■「ブリスベン〜エアーズロック線」フライトスケジュール
便名: JQ667便 ブリスベン発 06:00 → エアーズロック着 09:10
便名: JQ668便 エアーズロック発 10:00 → ブリスベン着 13:25
※運航日:  往復とも月・水・金曜の週3便
※使用機材: 往復ともエアバス社のA320−200、約180名乗りとなります





posted by tbp at 12:09| おしらせ