2017年08月25日

TBPニュース 2017.8.25

香港航空、関空線を9・10月に1日4便化

香港航空(HX)は1日3便で運航している関空/香港線を、好調を受けて9月4日から10月25日までは1日4便に増便することを明らかにし、「増便により日本人の取り込みを強化したい」と意欲を示した
認可申請中で、運航スケジュールは曜日により異なるという

 HKによれば、関空発便は14時台から16時台にかけて出発し、17時台から19時台にかけて香港に到着。香港発便は8時台から10時台にかけて出発し、13時台から15時台にかけて関空に到着する

冬ダイヤ開始後も増便を継続するか否かについては未定としているが、好調に推移すれば継続する可能性があるという




日本航空、9月末から関空/ホノルル線臨時便


日本航空(JL)は9月30日から10月27日まで、関空/ホノルル線の臨時便を運航する

 使用機材はB787-8型機で、座席数はビジネスクラス38席、プレミアムエコノミークラス35席、エコノミークラス88席の計161席

運航スケジュールは以下の通り

▽JL、関空/ホノルル線臨時便運航スケジュール(9月30日〜10月27日)
JL8792便 KIX 18時40分発/HNL 07時25分着(月・火・水・木・金・日)
JL8791便 HNL 10時25分発/KIX 14時45分着※翌日(月・火・水・木・土・日)



香港、マカオ、中国 / 「香港珠海マカオ大橋」最新情報


現地の報道によりますと、香港・ランタオ島と広東省・珠海、及びマカオを結ぶ世界最長の海上橋「香港マカオ珠海大橋」(港澳珠大橋)は、数ヵ月後に開通する見込みと報じられております

この大橋の完成後、香港空港〜マカオ間の移動は約30分に短縮されますが、香港市内からは大橋を利用しマカオに向かう場合、少なくとも2時間はかかると見られています

 よって、香港空港からマカオへ行く渡航者が大橋を利用するケースが多くなる一方で、大橋開通後もフェリーの需要はあるものと見られています




スクートも関空からホノルルへ、18年6月までに路線開設


スクート(TZ)とタイガーエア(TR)は合併を完了して社名を「スクート・タイガーエア・プライベート・リミテッド」に変更するとともに、2018年6月末までにシンガポール/関空/ホノルル線に就航すると発表した

高雄またはバンコク経由で合計週6便を運航している関空/シンガポール線は維持したまま新たに開設するもので、同社が米国路線に就航するのは初めて

就航日や運航スケジュールなどの詳細は未定という

なお、ブランド名は「スクート」、2レターコードは「TR」に統一する

 関空/ホノルル間については6月末からエアアジアX(D7)が、週4便のクアラルンプール/関空線を延伸するかたちで運航

現時点では日本/ハワイ間における唯一のLCCによる定期便となっている




カンタス、関空/シドニー線で季節便、12月から週3便


カンタス航空(QF)は12月14日から3月24日まで、関空/シドニー線を週3便で運航する

機材は月曜日はビジネスクラス36席、エコノミークラス199席のA330-200型機を、木曜日と土曜日はビジネスクラス28席、エコノミークラス269席のA330-300型機を使用する

政府認可の取得が条件

 運航スケジュールは下記の通り。

▽QF、関空/シドニー線運航スケジュール(12月14日〜18年3月24日)
QF34便 KIX 18時55分発/SYD 06時45分着※翌日(木・土)
QF34便 KIX 22時50分発/SYD 10時40分着※翌日(月)
QF33便 SYD 09時30分発/KIX 17時25分着(木・土)
QF33便 SYD 13時25分発/KIX 21時20分着(月)




ホノルル、道路横断中の歩きスマホ禁止に、違反者は罰金15米ドル以上


ハワイ州ホノルル市は10月25日から、道路横断中の歩きスマホを禁止する

ホノルル市長のカーク・コールドウェル氏が自身のFacebookアカウントに投稿したライブ動画と、ホノルル市の公式サイトで掲載している文書によると、禁止するのは携帯用電子機器を閲覧しながらの道路横断で、「911」などの緊急連絡や消防士、救命救急士、警察官などによる任務中の利用は対象外とする

 対象となる携帯用電子機器は、スマートフォンなどの携帯電話やパソコン、ビデオゲーム、デジタルカメラなどでオーディオ機器は対象外違反者には、1回目の場合は15米ドル以上35米ドル以下、初犯から1年以内で2回目の場合は35米ドル以上75米ドル以下、1年以内で3回目の場合は75米ドル以上99米ドル以下の罰金を徴収する

posted by tbp at 17:43| おしらせ

2017年06月30日

TBPニュース2017.6.30

ジェットスタージャパン 8月に関空/那覇線を増便、1日3便に (8月1日から26日まで)



ジェットスター・パシフィック、9月から関空/ハノイ、ダナン線

ベトナム航空(VN)と同社が株式の7割を保有するジェットスター・パシフィック航空(BL)は9月初旬から関空/ハノイ、ダナン線をそれぞれ週4便で運航することを発表した
BLにとっては初の日本路線
LCCによる日本/ベトナム間の路線開設もこれが初めてとなる

 使用機材は180席のエアバスA320型機




日本航空、関空/ホノルル線で臨時便運航、7月と8月に


日本航空(JL)は夏休みの需要増に対応するため、7月13日から8月26日まで、関空/ホノルル線の臨時便を毎日1便運航する

同路線についてはB777-200ER型機で1日1便を運航しており、期間中は毎日2便となる

 使用機材はボーイングB787-8型機で、座席数はビジネスクラス38席、プレミアムエコノミークラス35席、エコノミークラス88席の計161席




日本航空、国内線の機内WiFiを永続的に無料化


日本航空(JL)は国内線の機内で提供しているWiFiサービスを永続的に無料化すると発表した

JLの機内WiFiサービスではEメールの確認やインターネットの閲覧が可能

限られた通信容量を乗客で共有するため動画サイトは利用できないが、JLが提供する「Wi-Fiビデオプログラム」は視聴できる

提供を開始した当初は30分400円、または1フライトあたり500円から1200円までの料金を徴収して提供していたが、16年4月から17年1月までは15分間無料で利用できるキャンペーンを実施

2月以降についても、8月末までを期限として無制限で利用できるキャンペーンを実施していたところだった

 サービスを提供するのは「JAL SKY NEXT」を搭載したボーイングB777-300型機、B777-200型機、B767-300型機、B737-800型機で、現時点でJLは計77機を保有

これらの機材は羽田、成田、伊丹、関空発着の基幹路線など約40路線に導入しており、地域路線を除く便の約85%で無料WiFiサービスが利用できることになるという

 今後はビジネス客からレジャー客まで、幅広い客層に機内WiFiサービスの利便性をアピールする方針

 なお、JL広報部は、国際線については無料化は計画していないことを説明

理由については「お客様が国際線を選ぶ際の基準は、食事や座席の広さなど多岐に渡る

WiFiサービスはそれほど大きな選択基準とはなっていないのでは」と述べた

 ちなみに全日空(NH)は、40分550円または1フライト1050円で国内線の機内WiFiサービスを提供中

現時点では無料化の予定はないという




スペイン・マドリッド、「ラス・ベンタス闘牛場」7月より一時閉鎖


2017年7月以降、マドリッドの闘牛の会場である「ラス・ベンタス(LAS VENTAS)闘牛場」での闘牛の中止が正式に発表されました

 新しい安全基準に沿った改修工事を行うため、工事終了まで闘牛場が閉鎖されることがその理由です

 なお現時点では、工事終了時期は未定となっています

 7月以降、マドリッドでの闘牛観戦をご計画中の方は、ご注意ください




ベトナム・フエ、世界遺産「フエの建造物群」露出度が高い服での見学を禁止(7月〜)


フエ省フエ遺跡保存センターより、観光客が世界遺産フエの建造物群の各遺跡を見学する際、ショートパンツやキャミソール、ミニスカートなど肌の露出度の高い服を着て見学することを禁止とするとの通達がありました

 この規制は、2017年7月01日(土)より実施される予定です

 見学の際はご注意ください





posted by tbp at 17:13| おしらせ

2017年05月15日

TBPニュース 2017.5.15

ホノルル国際空港はこのほど、ダニエル・K・イノウエ(Daniel K. Inouye)国際空港に名称を変更した
ハワイで生まれたダニエル・K・イノウエ元上院議員の功績を讃えて命名した

同空港は1927年、ジョン・ロジャース空港として開港

1947年にはホノルル空港に、1951年にはホノルル国際空港にそれぞれ変更した


イノウエ元上院議員は、1924年ホノルル生まれ

ハワイ大とジョージ・ワシントン大で学び、第二次世界大戦では米陸軍に入隊した

1959年、ハワイ州選出の会員議員に当選

1962年には米上院議員に選出され、新たな航空交通管制施設の建設や、滑走路と誘導路を改善するなど、空港の発展に寄与した

2012年死去

現地メディアによると、4月27日に空港の名称を変更した


以下 ウィキペディアに掲載


父・兵太郎と母・かめ(旧姓:今永)のもと、1924年(大正13年)にアメリカ合衆国ハワイ準州ホノルルで生まれる 

父母は1899年(明治32年)9月28日に福岡県八女郡横山村(現上陽町八女市)から祖父母の浅吉・モヨとともにアメリカに移住したものである 祖父福岡県祖母広島県の出身という

イノウエはホノルルに育ち、ハワイ大学マノア校に進学した

ハワイ大学在学中の1941年12月に日本軍による真珠湾攻撃が行われ、アメリカが第二次世界大戦に参戦した後、ハワイでの医療支援活動に志願、その後アメリカ人としての忠誠心を示すためにアメリカ軍に志願し、アメリカ陸軍日系人部隊である第442連隊戦闘団に配属され、ヨーロッパ前線で戦う

イタリアにおけるドイツ国防軍との戦いにおいて、1945年4月21日にドイツ軍兵士の使用したグレネードランチャーによって右腕を負傷し切断、1年8ヶ月に亘って陸軍病院に入院したものの、多くの部隊員とともに数々の勲章を授与され帰国し、日系アメリカ人社会だけでなくアメリカ陸軍から英雄としてたたえられる  1947年に陸軍大尉として名誉除隊した  右腕を失ったことにより、当初目指していた医学の道をあきらめた  ハワイ大学に復学して政治学を専攻し、1950年Bachelor of Arts in political scienceを得て同大学を卒業した

卒業後、ジョージ・ワシントン大学の法科大学院に進学し、1953年J.D.を授与された  1954年に同じく退役軍人のエルトン・サカモト、サカエ・タカハシらとCentral Pacific Bankを設立した。

日系人初の上下両院議員

その後は政界に進出し、1954年には準州であったハワイ議会の議員に当選した

1959年には民主党からハワイ州選出の連邦下院議員に立候補し当選し、アメリカ初の日系人議員となる

その後、1963年には上院議員となり、戦時補償法の制定などに尽力する傍ら、1973年にはウォータゲート事件1987年にはイラン・コントラ事件の上院調査特別委委員長となり注目を浴びる アメリカ軍の予算に大きな権限を持つ上院歳出委員会国防小委員会の民主党長老議員として、エリック・シンセキ大将の陸軍参謀総長就任に尽力している

議員として

民主党の上院議員として上院歳出委員会の国防小委員会で上級委員を務めたほか、カリフォルニア州ロサンゼルス日本人街リトル・トーキョーにある全米日系人博物館の理事長も務めた

2000年6月21日に、陸軍殊勲十字章ブロンズ・スター章英語版の受賞理由が見直され、軍人に贈られる最高位の勲章である名誉勲章を受章したほか、2007年11月、フランス政府からレジオンドヌール勲章(シュヴァリエ)を授与された

2008年アメリカ合衆国大統領選挙においては、ヒラリー・クリントン上院議員を支持した

2010年の中間選挙にて民主党は上下院共に苦戦を強いられたが、再選を果たした。

1980年代に、日米間の貿易摩擦が政治問題化した際には、リチャード・ゲッパート英語版などと共に、対日批判の急先鋒として立ち回った  1996年に前妻と死別 2008年1月29日に「全米日系人博物館」館長 アイリーン・ヒラノと再婚した

慰安婦問題

2007年には、中華人民共和国韓国が主張する「慰安婦強制連行説」に立脚するアメリカ合衆国下院121号決議については、大日本帝国軍人による慰安婦への暴行抑圧は疑いの余地はなく、日本国政府の6人の内閣総理大臣と2つの衆議院決議が、1994年以来問題を認め謝罪を行ってきたことを尊重するべきであるとして、対日外交の継続性の観点から新たに謝罪を求めることに反対した

死去

2012年12月、ワシントンD.C.郊外のメリーランド州ベセスダにあるジョージ・ワシントン大学附属病院に入院し、酸素吸入の処置を受けていたが、同月17日17時過ぎ、呼吸器合併症のため死去 88歳没 死去の前、「ハワイと国家のために力の限り誠実に勤めた

まあまあ、できたと思う」と述べ、最後の言葉は「アロハ(さようなら)」だった

死去に際して、オバマ大統領は「真の英雄を失った」「彼が示した勇気は万人の尊敬を集めた」との声明を発表したのに続き、パネッタ国防長官クリントン国務長官、上下両院の軍事委員長らが相次いで功績を称えた 

同月20日、遺体を納めた棺がアメリカ合衆国議会議事堂中央にある大広間に安置され、追悼式典が開かれた

大広間に遺体が安置されるのは、エイブラハム・リンカーンジョン・F・ケネディなど一部大統領や、ごく少数の議員に限られており、イノウエ議員は全体でも32人目、かつアジア系の人物としては初めて大広間に遺体が安置された人物ととなった

日本野田佳彦首相はイノウエ夫人に書簡を送り、藤村修官房長官は「在米日系人社会の結束を強化するなど、日系関係の発展に尽力され、その功績は言葉では言い尽くせない ご遺族、米国政府、米国民の皆さまに心から哀悼の意を表したい」と弔意を表した

2013年5月24日、アメリカ海軍の新造アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の艦名が「ダニエル・イノウエ(DDG-118)」に決定したと発表された  8月、大統領自由勲章追贈。2017年4月27日に、ホノルル国際空港の正式名称が「ダニエル・K・イノウエ国際空港(Daniel K. Inouye International Airport, HNL)」となった

posted by tbp at 19:16| おしらせ

2017年02月28日

TBPニュース2017.2.28

ハワイアン航空、関空線にフルフラットシート

ハワイアン航空(HA)は3月16日、関空/ホノルル線のビジネスクラスにフルフラットシートを導入する
昨年12月には成田/ホノルル線に導入しており、日本線では2路線目となる

 フルフラットシートは革張りで、幅52センチメートル、長さ193センチメートル

配置は2-2-2で、ビジネスクラスの座席数に変更はない

一方、今回の導入にあわせてエコノミークラスを減らしてプレミアムエコノミークラスを28席増やすことにより、座席数はビジネス18席、プレエコ68席、エコノミー192席の計278席となる




ハワイアン航空、カウアイ/コナ直行便開設へ


ハワイアン航空(HA)は3月12日から、カウアイ島/コナ線を1日1便で運航する

飛行距離は423キロメートルでホノルルとハワイ島のヒロを結ぶ路線よりも長く、HAのハワイ諸島間便のなかでは最長の路線になるという

使用機材はビジネスクラス8席、エコノミークラス120席のボーイングB717-200型機

 HAは現在、カウアイ島とコナについては、ともにホノルル線とカフルイ線を運航中

カウアイ島/コナ線運航スケジュールは以下の通り

▽HA、カウアイ/コナ線運航スケジュール(3月12日〜)
HA599便 KOA 09時38分発/LIH 10時36分着(デイリー)
HA500便 LIH 15時44分発/KOA 16時44分着(デイリー)




フランス、「モン・サン・ミッシェル修道院」工事


世紀の大工事が続いております「モン・サン・ミシェル修道院」

 モン・サン・ミッシェル修道院の工事は、上から下にだんだんおりてくる予定とのことで、修道院の頂上にある大天使ミカエルの銅像も2016年は、しばらくの間取り外されておりましたが、今は無事ピカピカになった像が再設置済みです

 現在は修道院内、上層階の回廊工事が本格化し、回廊の2/3が立ち入り禁止となっております

天井や床、柱、回廊内側の緑地部分等々の全てが改修となり、工事期間は約1年の予定です

 現在、回廊に入る手前にある写真付きパネルで工事前の状況が説明されています

 しかし、今回のモン・サン・ミッシェル修道院の工事では、13世紀のお墓が発掘され14体のミイラが出てきたとか

そのような話ばかりで、考古学者による調査のため工事がストップすることもたびたび

工事は中々進んでいないようです

 また、回廊工事のための資材や重機が置かれているため、ミュージアムショップから修道院外へ出ることが出来ません

一旦ショップに入り、同じ扉からチケットカウンターへ向けて出るよう誘導が行われています


 そして現在、メイン通りの参道(Grande Rue)の工事も再開されております。

 サンピエール教会前から先には進めません

 これを受け、参道の土産店やレストランでは、一部冬季休業しているところもあります

 またシャトルバスも現在は本数が制限され、15〜20分に1本程度の運行となっています

 なお現在、モン・サン・ミッシェル修道院入口では、セキュリティが強化されております

 空港の手荷物検査と同等のチェックが行われているとお考えください
グループで訪問の場合、人数が多いとかなり時間がかかることがありますので、ご注意ください




posted by tbp at 13:38| おしらせ

2017年01月13日

TBPニュース2017.1.13

「欧州版ESTA」導入へ、テロ・難民対策で−20年にも開始


欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会はこのほど、ビザ取得が免除されている日本人や米国人など、域外からの訪問者に対する保安検査を強化するため、インターネットで事前承認を義務付ける新制度「欧州渡航情報認証制度(ETIAS)」を創設する方針を示した。
出入国審査を撤廃しているシェンゲン協定参加国26ヶ国へのビザなし渡航者が対象で、2020年にも開始する見通し。
手数料は5ユーロで、有効期間は5年間。

 「ETIAS」の導入は、フランスやベルギーなどで相次いでいるテロ事件や、難民の流入などを受けた治安対策の一環。

同様の制度は、すでに米国が「電子渡航認証システム(ESTA)」として導入している。

承認を申請する旅行者は専用のホームページまたはモバイルアプリから必要事項を入力。

欧州警察機構(ユーロポール)などのデータと照合した上で問題がなければ承認が得られる。

保健衛生上のリスクなども審査するという。




バニラ、函館/成田、関空など3路線開設、2月から



バニラエア(JW)は2017年2月18日に成田/関空線を1日2便で、翌19日に成田/函館線を1日1便で、3月18日に関空/函館線を1日1便でそれぞれ開設する。

JWによると日系LCCが函館に就航するのは初めてで、日本人に加えて同社が就航する台湾や香港などからの旅行者の獲得をめざす。

使用機材は180席のエアバスA320型機で、関係当局の認可取得を前提とする。




新トワイライトエクスプレス「瑞風」は6月運行開始、27万円から



2017年に運行を開始する新たな寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」について

運行開始日は17年6月17日で、販売は専用窓口として新設する「TWILIGHT EXPRESS 瑞風ツアーデスク」と主要旅行会社がおこなう。

 方面は山陰と山陽の2地域で、それぞれ上りと下りの片道1泊2日を4本ずつ、合計16本設定したほか、山陰と山陽を2泊3日で周遊するコースも7本設けた。

 立ち寄り観光では、島根県雲南市吉田町にある「田部邸」と土蔵群を2泊3日コースの立ち寄り先に決定。

雲南では日本で唯一現存するたたら製鉄の設備など「たたら文化」に焦点を当てており、たたら場を経営して栄えた田部家の通常非公開の邸宅も目玉の一つとする。

 客室タイプはロイヤルツイン、ロイヤルシングル、ザ・スイートの3種類。1泊2日コースの旅行代金は、ロイヤルツイン2名利用の場合1名27万円から、ロイヤルシングルは1名33万円から、ザ・スイートは2名1室で1名75万円からとした。2泊3日の場合、同条件でロイヤルツインが50万円から、ロイヤルシングルが62万円から、ザ・スイートが120万円からとなる。




長崎、空港から島原半島へ送迎バス−2月に20便、片道500円



長崎県によると、島原半島観光連盟が2月1日から2月28日まで、長崎空港から島原半島への貸し切り送迎バスを運行する。

同区間で直行のバスが運行されるのはこれが初めて。

長崎空港発着の国内線を利用し、小浜か雲仙に宿泊する旅行者を対象とする。

 運行日は期間中の金、土、日曜日で1日あたり金曜日は1便、土日は2便、合計20便を運行する。

利用には2日前までの予約を求める。





posted by tbp at 18:12| おしらせ