2018年01月19日

TBPニュース 2018.1.19

昨年11月の事ですが・・・

出国税は「1000円で早期創設」−石井国交相会見
(2019年1月より)


レゴランド、4月にホテルと水族館開業

LEGOLAND Japanは来年4月、同社が名古屋市で運営するテーマパーク「LEGOLAND Japan」の隣接地で、宿泊施設「LEGOLAND Japan Hotel」と子供向けの水族館「SEA LIFE Nagoya」を開業する
ホテルは28日に、水族館は15日に開業
「LEGOLAND Japan」はこれらの2施設を統合した上で「LEGOLAND Japan Resort」に改称する

 ホテルは地上8階建ての全252室。定員4名の「スタンダード」と「プレミアム」、5名の「プレミアム」と「スイート」の4クラスで構成し、総収容人数は1044人となる

 宿泊フロアは「パイレーツ」「アドベンチャー」「キングダム」「レゴニンジャゴー」「レゴフレンズ」などテーマで演出

成人の宿泊客も楽しめるよう、「スカイライン・バー」ではアルコール類や本格的な料理も提供する

そのほか、館内にはレゴモデルの作り方を学べる「クリエイティブワークショップ」や、子供用のプレイエリア、ギフトショップなどを設ける

水族館内のイメージ  水族館は地上2階建で、延床面積は約2100平方メートル

施設内や水槽には日本独自の装飾を施し、至る所にレゴモデルを配置するという



エールフランス、関空/パリ線


エールフランス航空(AF)は2018年5月から、関空/パリ線にB787-9型機を導入する予定だ

座席数はビジネスクラス30席、プレミアムエコノミークラス21席、エコノミークラス225席の全276席

B787-9型機のビジネスの座席は2メートルのフルフラットシートで、全席から直接通路にアクセスできるよう配置

プレミアムエコノミーは130度リクライニングすることができるシェル型シートで、各席に読書灯や電源ポート、USBポートなどを配した

エコノミークラスは28センチのモニターや電源ポートなどを設けている



マカオ / 禁煙法の改正に伴い「路上喫煙」の罰金が上がっています


■「新禁煙法」施行後(2018.1/01〜)の罰金額: 1,500パタカ(2017.12/31まで 600パタカ)
 マカオを訪問予定の愛煙家の方は、ご注意ください







posted by tbp at 17:59| おしらせ

2017年11月06日

TBPニュース 2017.11.06

マカオ / 11月より高額持込・持ち出しについて税関での申告が義務化されます

2017年11月01日より、マカオでは12万パタカ(約180万円)以上の持込み・持出しに対し申告が義務化されます。

■ 詳細
◎ 申告対象となるもの
* 現金
* トラベラーズ・チェック
* 小切手
* 為替
* 約束手形

◎ 申告の対象外のもの
* 宝石
* 貴金属

◎ 申告手続き
* マカオ出入境時に「税関申告あり」の赤色レーンに進み、申告用紙に記入・提出。
* 申告漏れが発覚した場合は、罰金が科せられます。
罰金額: 1,000パタカ(約1.5万円)〜最高50万パタカ(約750万円)

◎ その他
* トランジットの短期滞在者は申告不要。
* 申告手数料は無料。

カジノで大勝されたお客様は、くれぐれもご注意ください。



シンガポール / セントーサ島の「マーライオンタワー」工事に伴う影響(11〜1月)


シンガポールのシンボルといえば「マーライオン」。

 最も有名なマーライオンの他に、シンガポールにはいくつかのマーライオンがあります。

 そのうちのひとつ、セントーサ島にある「マーライオンタワー」の一部エリアにて工事が行われます。

■ 工事概要
* 工事箇所: 入口奥のショートムービーが見られるエリア(ミニシアター)
* 工事期間: 2017年11月15日〜2018年1月15日(予定)
* 影響等: 工事期間中は、ショートムービーが見られるエリアのみクローズとなります。

 なおマーライオンタワーのメインとなる展望台(マーライオンの口と頭の部分)は、上記期間中も通常通り営業いたしますので、観光に問題はありません



ラオス、日本線開設で訪問者増へ−18年就航予定


このほど来日したラオス情報文化観光省観光マーケティング局副局長のセンソーダ・ワンタナウォン氏は、ラオス国営航空(QV)が週3便の成田/ビエンチャン線の開設を計画していることについて述べ、「とても良いニュース。これを機に日本でのラオスの認知度向上をめざしたい」と意気込みを語った。

ラオスを訪れる日本人旅行者数は年間4万人台で推移しており、16年は約4万9000人。

 日本/ラオス間については、両国政府が15年に締結した航空協定により定期便の開設が可能になっており、成田/ビエンチャン線が実現すれば2国間を結ぶ初の定期便となる。

なお、QVは同区間でチャーター便を運航した実績があり、直近では15年5月に羽田/ビエンチャン間、成田/ルアンパバーン間で実施している。

 計画中の定期便は、ビエンチャンから成田までは直行便とし、成田からは燃料補給のため、長崎経由でビエンチャンに向かう三角運航とする考え。長崎での乗り降りも可能だ。QVの日本地区総代理店(GSA)を務めるエーティービーによると、18年中の就航を予定しており、近日中に開始日を決定する見通し。使用機材はA320型機で、座席数はビジネスクラス8席・エコノミークラス150席の全158席、またはビジネス16席・エコノミー126席の全142席。乗客は日本発のビジネス需要が多くなる見通しだ。


  

中国東方航空、関空/大連線を開設、11月から週4便


中国東方航空(MU)は11月18日から、関空/大連線を週4便で開設する

MUは関空から上海、北京、西安、青島などに定期便を運航しており、大連は13都市目。運航機材はA320型機で、座席数はビジネスクラス8席、エコノミークラス148席の計156席。政府の認可取得が条件となる


▽MU、関空/大連線運航スケジュール(11月18日〜18年3月24日)
MU2794便 KIX 12時00分発/DLC 13時00分着(月・水・木・土)
MU2793便 DLC 07時45分発/KIX 11時00分着(月・水・木・土)


posted by tbp at 17:28| おしらせ

2017年10月04日

TBPニュース 2017.10.04

ホテル百万石、来年に再開業

休業中だった石川県山代温泉のホテル百万石が2018年末をメドにオープンする
京阪神を中心にホテルを展開するビッググループが土地と建物を取得し全面改装、高級志向の旅館として再生する

ホテル百万石は加賀温泉郷の代表的な旅館だったが、12年から休業していた

地元をはじめ関係者によると、23年春に予定されている北陸新幹線の敦賀延伸を控えた山代温泉への誘客に追い風となる期待がある一方、地元を中心に600人以上を雇用するとする計画によって、周辺旅館の人材難につながると懸念する向きもある



カンタス、12月からの関空/シドニー線を通年運航に


カンタス航空(QF)は12月14日から3月24日まで週3便の季節便として運航する予定だった関空/シドニー線を、通年運航に変更することを発表した

関西エアポートによればFSCによる関空/オーストラリア間の通年運航は10年ぶり

 機材は木曜日と土曜日はビジネスクラス28席、エコノミークラス269席のA330-300型機を使用し、月曜日のみビジネスクラス36席、エコノミークラス199席のA330-200型機を使用する




アパ、京都駅前に400室の大型ホテル、19年7月に


アパグループは2019年7月に、JR京都駅烏丸口前に11階建・400室の大型ホテルを開業する計画を発表した

アパホームが土地所有者から用地を賃借してホテルを建設し、そのホテルをアパホテルが運営

日本人旅行者と訪日外国人旅行者の両方をターゲットとする




posted by tbp at 14:57| おしらせ

2017年08月25日

TBPニュース 2017.8.25

香港航空、関空線を9・10月に1日4便化

香港航空(HX)は1日3便で運航している関空/香港線を、好調を受けて9月4日から10月25日までは1日4便に増便することを明らかにし、「増便により日本人の取り込みを強化したい」と意欲を示した
認可申請中で、運航スケジュールは曜日により異なるという

 HKによれば、関空発便は14時台から16時台にかけて出発し、17時台から19時台にかけて香港に到着。香港発便は8時台から10時台にかけて出発し、13時台から15時台にかけて関空に到着する

冬ダイヤ開始後も増便を継続するか否かについては未定としているが、好調に推移すれば継続する可能性があるという




日本航空、9月末から関空/ホノルル線臨時便


日本航空(JL)は9月30日から10月27日まで、関空/ホノルル線の臨時便を運航する

 使用機材はB787-8型機で、座席数はビジネスクラス38席、プレミアムエコノミークラス35席、エコノミークラス88席の計161席

運航スケジュールは以下の通り

▽JL、関空/ホノルル線臨時便運航スケジュール(9月30日〜10月27日)
JL8792便 KIX 18時40分発/HNL 07時25分着(月・火・水・木・金・日)
JL8791便 HNL 10時25分発/KIX 14時45分着※翌日(月・火・水・木・土・日)



香港、マカオ、中国 / 「香港珠海マカオ大橋」最新情報


現地の報道によりますと、香港・ランタオ島と広東省・珠海、及びマカオを結ぶ世界最長の海上橋「香港マカオ珠海大橋」(港澳珠大橋)は、数ヵ月後に開通する見込みと報じられております

この大橋の完成後、香港空港〜マカオ間の移動は約30分に短縮されますが、香港市内からは大橋を利用しマカオに向かう場合、少なくとも2時間はかかると見られています

 よって、香港空港からマカオへ行く渡航者が大橋を利用するケースが多くなる一方で、大橋開通後もフェリーの需要はあるものと見られています




スクートも関空からホノルルへ、18年6月までに路線開設


スクート(TZ)とタイガーエア(TR)は合併を完了して社名を「スクート・タイガーエア・プライベート・リミテッド」に変更するとともに、2018年6月末までにシンガポール/関空/ホノルル線に就航すると発表した

高雄またはバンコク経由で合計週6便を運航している関空/シンガポール線は維持したまま新たに開設するもので、同社が米国路線に就航するのは初めて

就航日や運航スケジュールなどの詳細は未定という

なお、ブランド名は「スクート」、2レターコードは「TR」に統一する

 関空/ホノルル間については6月末からエアアジアX(D7)が、週4便のクアラルンプール/関空線を延伸するかたちで運航

現時点では日本/ハワイ間における唯一のLCCによる定期便となっている




カンタス、関空/シドニー線で季節便、12月から週3便


カンタス航空(QF)は12月14日から3月24日まで、関空/シドニー線を週3便で運航する

機材は月曜日はビジネスクラス36席、エコノミークラス199席のA330-200型機を、木曜日と土曜日はビジネスクラス28席、エコノミークラス269席のA330-300型機を使用する

政府認可の取得が条件

 運航スケジュールは下記の通り。

▽QF、関空/シドニー線運航スケジュール(12月14日〜18年3月24日)
QF34便 KIX 18時55分発/SYD 06時45分着※翌日(木・土)
QF34便 KIX 22時50分発/SYD 10時40分着※翌日(月)
QF33便 SYD 09時30分発/KIX 17時25分着(木・土)
QF33便 SYD 13時25分発/KIX 21時20分着(月)




ホノルル、道路横断中の歩きスマホ禁止に、違反者は罰金15米ドル以上


ハワイ州ホノルル市は10月25日から、道路横断中の歩きスマホを禁止する

ホノルル市長のカーク・コールドウェル氏が自身のFacebookアカウントに投稿したライブ動画と、ホノルル市の公式サイトで掲載している文書によると、禁止するのは携帯用電子機器を閲覧しながらの道路横断で、「911」などの緊急連絡や消防士、救命救急士、警察官などによる任務中の利用は対象外とする

 対象となる携帯用電子機器は、スマートフォンなどの携帯電話やパソコン、ビデオゲーム、デジタルカメラなどでオーディオ機器は対象外違反者には、1回目の場合は15米ドル以上35米ドル以下、初犯から1年以内で2回目の場合は35米ドル以上75米ドル以下、1年以内で3回目の場合は75米ドル以上99米ドル以下の罰金を徴収する

posted by tbp at 17:43| おしらせ

2017年06月30日

TBPニュース2017.6.30

ジェットスタージャパン 8月に関空/那覇線を増便、1日3便に (8月1日から26日まで)



ジェットスター・パシフィック、9月から関空/ハノイ、ダナン線

ベトナム航空(VN)と同社が株式の7割を保有するジェットスター・パシフィック航空(BL)は9月初旬から関空/ハノイ、ダナン線をそれぞれ週4便で運航することを発表した
BLにとっては初の日本路線
LCCによる日本/ベトナム間の路線開設もこれが初めてとなる

 使用機材は180席のエアバスA320型機




日本航空、関空/ホノルル線で臨時便運航、7月と8月に


日本航空(JL)は夏休みの需要増に対応するため、7月13日から8月26日まで、関空/ホノルル線の臨時便を毎日1便運航する

同路線についてはB777-200ER型機で1日1便を運航しており、期間中は毎日2便となる

 使用機材はボーイングB787-8型機で、座席数はビジネスクラス38席、プレミアムエコノミークラス35席、エコノミークラス88席の計161席




日本航空、国内線の機内WiFiを永続的に無料化


日本航空(JL)は国内線の機内で提供しているWiFiサービスを永続的に無料化すると発表した

JLの機内WiFiサービスではEメールの確認やインターネットの閲覧が可能

限られた通信容量を乗客で共有するため動画サイトは利用できないが、JLが提供する「Wi-Fiビデオプログラム」は視聴できる

提供を開始した当初は30分400円、または1フライトあたり500円から1200円までの料金を徴収して提供していたが、16年4月から17年1月までは15分間無料で利用できるキャンペーンを実施

2月以降についても、8月末までを期限として無制限で利用できるキャンペーンを実施していたところだった

 サービスを提供するのは「JAL SKY NEXT」を搭載したボーイングB777-300型機、B777-200型機、B767-300型機、B737-800型機で、現時点でJLは計77機を保有

これらの機材は羽田、成田、伊丹、関空発着の基幹路線など約40路線に導入しており、地域路線を除く便の約85%で無料WiFiサービスが利用できることになるという

 今後はビジネス客からレジャー客まで、幅広い客層に機内WiFiサービスの利便性をアピールする方針

 なお、JL広報部は、国際線については無料化は計画していないことを説明

理由については「お客様が国際線を選ぶ際の基準は、食事や座席の広さなど多岐に渡る

WiFiサービスはそれほど大きな選択基準とはなっていないのでは」と述べた

 ちなみに全日空(NH)は、40分550円または1フライト1050円で国内線の機内WiFiサービスを提供中

現時点では無料化の予定はないという




スペイン・マドリッド、「ラス・ベンタス闘牛場」7月より一時閉鎖


2017年7月以降、マドリッドの闘牛の会場である「ラス・ベンタス(LAS VENTAS)闘牛場」での闘牛の中止が正式に発表されました

 新しい安全基準に沿った改修工事を行うため、工事終了まで闘牛場が閉鎖されることがその理由です

 なお現時点では、工事終了時期は未定となっています

 7月以降、マドリッドでの闘牛観戦をご計画中の方は、ご注意ください




ベトナム・フエ、世界遺産「フエの建造物群」露出度が高い服での見学を禁止(7月〜)


フエ省フエ遺跡保存センターより、観光客が世界遺産フエの建造物群の各遺跡を見学する際、ショートパンツやキャミソール、ミニスカートなど肌の露出度の高い服を着て見学することを禁止とするとの通達がありました

 この規制は、2017年7月01日(土)より実施される予定です

 見学の際はご注意ください





posted by tbp at 17:13| おしらせ