2017年02月28日

TBPニュース2017.2.28

ハワイアン航空、関空線にフルフラットシート

ハワイアン航空(HA)は3月16日、関空/ホノルル線のビジネスクラスにフルフラットシートを導入する
昨年12月には成田/ホノルル線に導入しており、日本線では2路線目となる

 フルフラットシートは革張りで、幅52センチメートル、長さ193センチメートル

配置は2-2-2で、ビジネスクラスの座席数に変更はない

一方、今回の導入にあわせてエコノミークラスを減らしてプレミアムエコノミークラスを28席増やすことにより、座席数はビジネス18席、プレエコ68席、エコノミー192席の計278席となる




ハワイアン航空、カウアイ/コナ直行便開設へ


ハワイアン航空(HA)は3月12日から、カウアイ島/コナ線を1日1便で運航する

飛行距離は423キロメートルでホノルルとハワイ島のヒロを結ぶ路線よりも長く、HAのハワイ諸島間便のなかでは最長の路線になるという

使用機材はビジネスクラス8席、エコノミークラス120席のボーイングB717-200型機

 HAは現在、カウアイ島とコナについては、ともにホノルル線とカフルイ線を運航中

カウアイ島/コナ線運航スケジュールは以下の通り

▽HA、カウアイ/コナ線運航スケジュール(3月12日〜)
HA599便 KOA 09時38分発/LIH 10時36分着(デイリー)
HA500便 LIH 15時44分発/KOA 16時44分着(デイリー)




フランス、「モン・サン・ミッシェル修道院」工事


世紀の大工事が続いております「モン・サン・ミシェル修道院」

 モン・サン・ミッシェル修道院の工事は、上から下にだんだんおりてくる予定とのことで、修道院の頂上にある大天使ミカエルの銅像も2016年は、しばらくの間取り外されておりましたが、今は無事ピカピカになった像が再設置済みです

 現在は修道院内、上層階の回廊工事が本格化し、回廊の2/3が立ち入り禁止となっております

天井や床、柱、回廊内側の緑地部分等々の全てが改修となり、工事期間は約1年の予定です

 現在、回廊に入る手前にある写真付きパネルで工事前の状況が説明されています

 しかし、今回のモン・サン・ミッシェル修道院の工事では、13世紀のお墓が発掘され14体のミイラが出てきたとか

そのような話ばかりで、考古学者による調査のため工事がストップすることもたびたび

工事は中々進んでいないようです

 また、回廊工事のための資材や重機が置かれているため、ミュージアムショップから修道院外へ出ることが出来ません

一旦ショップに入り、同じ扉からチケットカウンターへ向けて出るよう誘導が行われています


 そして現在、メイン通りの参道(Grande Rue)の工事も再開されております。

 サンピエール教会前から先には進めません

 これを受け、参道の土産店やレストランでは、一部冬季休業しているところもあります

 またシャトルバスも現在は本数が制限され、15〜20分に1本程度の運行となっています

 なお現在、モン・サン・ミッシェル修道院入口では、セキュリティが強化されております

 空港の手荷物検査と同等のチェックが行われているとお考えください
グループで訪問の場合、人数が多いとかなり時間がかかることがありますので、ご注意ください




posted by tbp at 13:38| おしらせ

2017年01月13日

TBPニュース2017.1.13

「欧州版ESTA」導入へ、テロ・難民対策で−20年にも開始


欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会はこのほど、ビザ取得が免除されている日本人や米国人など、域外からの訪問者に対する保安検査を強化するため、インターネットで事前承認を義務付ける新制度「欧州渡航情報認証制度(ETIAS)」を創設する方針を示した。
出入国審査を撤廃しているシェンゲン協定参加国26ヶ国へのビザなし渡航者が対象で、2020年にも開始する見通し。
手数料は5ユーロで、有効期間は5年間。

 「ETIAS」の導入は、フランスやベルギーなどで相次いでいるテロ事件や、難民の流入などを受けた治安対策の一環。

同様の制度は、すでに米国が「電子渡航認証システム(ESTA)」として導入している。

承認を申請する旅行者は専用のホームページまたはモバイルアプリから必要事項を入力。

欧州警察機構(ユーロポール)などのデータと照合した上で問題がなければ承認が得られる。

保健衛生上のリスクなども審査するという。




バニラ、函館/成田、関空など3路線開設、2月から



バニラエア(JW)は2017年2月18日に成田/関空線を1日2便で、翌19日に成田/函館線を1日1便で、3月18日に関空/函館線を1日1便でそれぞれ開設する。

JWによると日系LCCが函館に就航するのは初めてで、日本人に加えて同社が就航する台湾や香港などからの旅行者の獲得をめざす。

使用機材は180席のエアバスA320型機で、関係当局の認可取得を前提とする。




新トワイライトエクスプレス「瑞風」は6月運行開始、27万円から



2017年に運行を開始する新たな寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」について

運行開始日は17年6月17日で、販売は専用窓口として新設する「TWILIGHT EXPRESS 瑞風ツアーデスク」と主要旅行会社がおこなう。

 方面は山陰と山陽の2地域で、それぞれ上りと下りの片道1泊2日を4本ずつ、合計16本設定したほか、山陰と山陽を2泊3日で周遊するコースも7本設けた。

 立ち寄り観光では、島根県雲南市吉田町にある「田部邸」と土蔵群を2泊3日コースの立ち寄り先に決定。

雲南では日本で唯一現存するたたら製鉄の設備など「たたら文化」に焦点を当てており、たたら場を経営して栄えた田部家の通常非公開の邸宅も目玉の一つとする。

 客室タイプはロイヤルツイン、ロイヤルシングル、ザ・スイートの3種類。1泊2日コースの旅行代金は、ロイヤルツイン2名利用の場合1名27万円から、ロイヤルシングルは1名33万円から、ザ・スイートは2名1室で1名75万円からとした。2泊3日の場合、同条件でロイヤルツインが50万円から、ロイヤルシングルが62万円から、ザ・スイートが120万円からとなる。




長崎、空港から島原半島へ送迎バス−2月に20便、片道500円



長崎県によると、島原半島観光連盟が2月1日から2月28日まで、長崎空港から島原半島への貸し切り送迎バスを運行する。

同区間で直行のバスが運行されるのはこれが初めて。

長崎空港発着の国内線を利用し、小浜か雲仙に宿泊する旅行者を対象とする。

 運行日は期間中の金、土、日曜日で1日あたり金曜日は1便、土日は2便、合計20便を運行する。

利用には2日前までの予約を求める。





posted by tbp at 18:12| おしらせ

2016年11月11日

TBPニュース 2016.11.11

関空//オークランド直行便

ニュジーランド航空は2017年3月26日まで、
最新鋭B787-9型機にて関空‐オークランド間就航しております

   NZ98便 B787-9型機 KIX(21:00)−AKL(11:35) 水・金・日
   NZ97便 B787-9型機 AKL(10:30)−KIX(17:25) 水・金・日

グアム、自動入国審査を導入、最大9割短縮

10月にグアム国際空港は、入国審査の一部を自動化する機器「APC(Automated Passport Control)」を8台導入した
旅行者が、入国審査の列に並ぶ前にAPCでパスポートのスキャンや写真撮影、指紋登録などを済ませることで審査時間を短縮するもの

 ESTAを取得していて、その有効期間内に一度でもハワイとグアムを含むアメリカ本土を訪れたことがあれば誰でも利用でき、対象者であれば従来と比較して89%早く入国審査を終えることが可能

また、入国審査官がこれまで旅行者1人にかけていた時間で4人の審査を終えられるようになることから、APCの利用対象でない旅行者も33%早く入国できるようになるという

 なお、APC設置後もESTA専用レーンは継続稼働している


ぱしふぃっくびいなす(2月&3月)


2017年2月と3月に出発する3コース

 新設したのは、2月28日出発の神戸発着「春の屋久島・種子島クルーズ」3泊4日と、

3月9日出発の名古屋発着「花の南房総・館山クルーズ」2泊3日、

3月22日出発で神戸発横浜着「春の神戸・横浜ワンナイトクルーズ」1泊2日

 2名1室利用時の旅行代金は、屋久島・種子島クルーズの場合、ステートルームJで12万3000円、ロイヤルスイートで54万円

神戸・横浜ワンナイトクルーズは4万1000円から18万円としている




posted by tbp at 15:45| おしらせ

2016年10月12日

TBPニュース 2016.10.12

カジノニュース

日本でもカジノの話題が東京オリンピックに向けてまたまた浮上してまいりました
アジアでは最近どんどん新しくカジノが生まれてきております
最近下記のニュースが出てまいりましたので紹介させていただきます


フィリピン
フィリピン企業のカラタは、アメリカの投資会社シノ・アメリカン・ゲーミング・インベストメント・グループ、
マカオのカジノ企業マカオ・リソース・グループと提携し、セブ州のマクタン島に
大型カジノリゾート『マクタン・レジャー・シティ』を開発すると発表しました

14ヘクタールの敷地に3つのホテル、カジノ、会議施設、小売施設、ヨットハーバーなどの
建設が予定されており、開業は20年半ばを目指すという


フィリピン
ユニバーサルエンターテインメントがフィリピンのマニラ湾岸に建設中のカジノリゾートは会長の名前をとって「オカダ・マニラ」と名付けられた

 最終的な投資額は40億ドル超とも言われるこの施設には、500台のゲーミングテーブルと3000台のエレクトロニック・ゲーミング・テーブルを備えた2万6000平方メートルのカジノフロアの他、総客室数993室の15階建てのホテル棟、ドバイのブルジュハリファに次ぐ世界第2位のダンシング・ファウンテン、ガラスドームのナイトクラブ・ビーチクラブ施設、プール、スパ、ショッピングモールなどが含まれている

 フィリピン政府によるマニラ湾岸のエンターテインメント・シティ・プロジェクトでは、これまでにソレアリゾート、シティ・オブ・ドリームズ・マニラが開業しており、オカダ・マニラは3カ所目の施設

さらに20年にはフィリピンの大富豪とマレーシアのゲンティンによる4カ所目のプロジェクトの開業も予定されている



マカオ
マカオ政府が、サンズチャイナがオープンするパリジャン・マカオにオープン時に100台、後日追加で50台の新たなゲーミングテーブル設置を認めた

 同社では既存のカジノ施設にあるテーブルを移動させることで425〜450台をそろえてオープニングに臨むとみられる

8月22日にオープンしたウィンパレスも同じくオープン時100台、後日追加で50台のテーブルを認められ、既存自社カジノから移動したテーブルと合わせ350台をそろえてオープンした




posted by tbp at 13:13| おしらせ

2016年09月29日

TBPニュース 2016.9.29

関空−オークランド直行便就航


ニュジーランド航空は2016年11月4日から2017年3月26日まで、
約2年半ぶりに最新鋭B787-9型機にて関空‐オークランド間に就航いたします

   NZ98便 B787-9型機 KIX(21:00)−AKL(11:35) 水・金・日
   NZ97便 B787-9型機 AKL(10:30)−KIX(17:25) 水・金・日


大韓航空、16年冬ダイヤで仁川/関空線など6路線増便


大韓航空(KE)は2016年冬ダイヤ(10月30日〜17年3月25日)で、ソウル(仁川)/関空、岡山、福岡、大分線、済州/関空線、釜山/新千歳線の計6路線を増便する
急増する韓国やアジア諸国からの旅行者の需要に応える

 仁川/関空、福岡線は1日3便から1日4便に増便する

済州/関空線は週3便から週4便に増便




アシアナ航空、関空/仁川線を増便



アシアナ航空(OZ)は11月11日から、関空/ソウル(仁川)線を現行の1日3便から1日4便に増便する

日韓双方の需要の高まりを受けたもので、使用機材はビジネスクラス12席、エコノミークラス159席のエアバスA321型機

関係当局の認可取得が条件で、2017年3月26日以降については未定としている

 OZは1日2便で運航中の関空/ソウル(金浦)線とあわせると、関空/ソウル間を合計で1日6便運航することになる

OZによれば需要の6割は韓国発で、4割が日本発

増便分のスケジュールは以下の通り。

▽OZ、関空/仁川線 増便分運航スケジュール(11月11日〜17年3月25日)
OZ117便 KIX 20時00分発/ICN 21時50分着(デイリー)
OZ118便 ICN 17時10分発/KIX 18時55分着(デイリー)




エジプト、治安対策強化で復活へ−チャーター活用で復便も



エジプト政府観光局は現地の最新情報を提供した

エジプトへの日本人訪問者数は2011年のアラブの春以降激減したが、来日した同局参事官地域ディレクターのイスマイル・アブドルハミド・アメール氏は「現在の政治状況は安定しており、セキュリティのレベルも非常に高い」とアピール

今秋にはエジプト航空(MS)を利用する定期チャーター便が就航することなどについても説明した上で、「エジプト観光を今一度盛り返したい」と訴えた

 日本/エジプト間の定期チャーター便を計画する現地ツアーオペレーターのSPTツアーズ社から、代表取締役のヤーセル・ムスタファ氏が登壇。「日本人はエジプトの治安について懸念しているが、セキュリティ対策はしっかりしている」と述べ、特殊部隊や制服警官、観光警察が安全対策を強化していることを説明した。空港では搭乗者以外の立ち入りが制限されているほか、観光地やホテルなどでは防犯カメラによる監視が徹底され、荷物検査やIDのチェックなども入念に実施されているという


 エジプト観光局によれば、日本人訪問者数のピークは10年の12万6000人

11年は徐々に減少し、14年には10分の1の1万2000人まで落ち込んだが、15年は前年比33.3%増の1万6000人に回復したという

16年1月から7月までの累計は前年に比べて微減しているが、7月単月では15%増を記録

また、7月までの累計宿泊数は47%増で、アメール氏によれば「今までは周辺国と組み合わせたツアーが多かったが、最近はモノツアーが増えてきた」という

 同氏はそのほか「エジプトはルクソール、カイロ、アスワン、アレクサンドリアなどの伝統的な観光地だけではない」と強調

今後は歴史や文化に加えて、ビーチでの滞在やダイビングなどもアピールし、リピーター化をはかる考えを述べた

ビーチリゾートのシャルム・エル・シェイクなど、外務省の危険情報がレベル1の注意喚起にとどまっている地域を訴求する





posted by tbp at 17:03| おしらせ