2016年09月07日

TBPニュース2016.9.07

カンボジア・シェムリアップ、アンコール遺跡群の入場料、値上げに(1月〜)


カンボジア・シェムリアップの「アンコール遺跡群」の入場料が、2017年2月01日より変更(値上げ)されることとなりました

■ アンコール遺跡群入場料 (2017年2月〜)
 1日券 --- US$37 (〜1/31まで US$20)
 3日券 --- US$62 (〜1/31まで US$40)
 7日券 --- US$72 (〜1/31まで US$60)



関空にファーストキャビン、17年3月開業−全153室



ファーストキャビンは2017年3月、関西国際空港に隣接する商業施設「エアロプラザ」に「ファーストキャビン関西空港」(仮称)を開業する予定

「ファーストキャビン」は飛行機のファーストクラスをイメージしたホテルで、空港内または空港に隣接する店舗は「ファーストキャビン羽田ターミナル1」に続き2店舗目となる

 新たなホテルはエアロプラザの2階と3階に位置しており、客室数は153室を予定

このうち4.4平方メートルの「ファーストクラスキャビン」は21室、2.5平方メートルの「ビジネスクラスキャビン」は132室で、男性用の客室が6割、女性用が4割となる見込み

ターゲットは国内外の旅行者で、特にLCCの深夜早朝便を利用する旅客の取り込みをねらう

 ファーストキャビンは秋葉原、愛宕山、赤坂、築地、羽田空港、京都、難波、博多で計8軒を運営

17年1月には東京の日本橋横山町、3月には東京の京橋と、長崎でも開業する

客室数は日本橋横山町が150室、京橋が238室、長崎が123室を予定。




エジプト航空、11月から定期チャーター、週1便で関空・成田発



エジプト航空(MS)は11月20日から2017年5月7日まで、日本/エジプト間で週1便の定期チャーター便を運航する予定

エジプトの旅行会社のSTPツアーズが用機者としてチャーターするもので、ターゲットは日本からの旅行者

日本での代理店として、アフリカや中近東の地上手配をおこなうツアーオペレーターのデスティネーションコンサルタンツ(DCI)が販売などを担当する(現在は政府認可申請中)

 チャーター機はカイロから関空、成田、ルクソールを経由し、カイロへと戻るルートを運航

日本発着は毎週日曜日を予定する

使用機材はボーイングB777-300型機で、座席数はビジネスクラス46席、エコノミークラス300席の計346席

 MSは、エジプトの政情不安で需要が減少したことなどにより、2013年7月に成田/カイロ線を、同年10月に関空/カイロ線を運休

現在も運航再開には至っていない

外務省は現在、エジプトの危険情報として、カイロやルクソールなどの主要観光地にはレベル1の注意喚起を発出している




CFで宿づくり-岡山湯原温泉・八景(1) 客室一新で挑戦、"伝説"に



岡山県湯原温泉の八景(上塩浩子女将)がクラウドファンディング(CF)を活用し、客室のリニューアルに取り組んでいる

6月5日から7月20日までの45日間で254人から1364万6千円の資金を得た

ゲストハウスの新規開業などでCFを活用したケースはあるが、営業中の旅館が客室のリニューアルを目的にCFを利用するのは全国で初めてだという

しかも100万円の目標を大きく上回る1364万円

CF業界でも"伝説"を作ったと驚きをもって評価されている



posted by tbp at 15:31| おしらせ

2016年06月30日

TBPニュース 2016.06.30

香港 空港建設費を徴収

現在香港利用客の増加により第3滑走路建設中です
8月よりこの建設費が空港をご利用される方より徴収されることになりました
金額は予約クラス(エコノミー、ビジネス)や短距離、長距離路線により異なります



天津航空、関空/大連線就航、7月から週2便

天津航空(GS)は7月3日に関空/大連線の運航を週2便で開始する
使用機材はエアバスA320型機で、座席数はエコノミークラス180席



上海吉祥航空、関空/南京線を開設、8月から週4便

海吉祥航空(HO)は8月1日、関空/南京線を週4便で開設する
使用機材はエアバスA320型機で、座席数はビジネスクラス8席、エコノミークラス150席の計158席


中国南方航空、新潟・関空/ハルビン線を期間増便

中国南方航空(CZ)は7月から8月まで、関空発着のハルビン線を増便する 

関空線は7月20日から8月24日まで、現行の週3便から週5便に増便

使用機材はエアバスA320型機で、座席数はビジネスクラス8席、エコノミークラス143席の計151席



エバー、7月から関空/台北線増便、8月は高雄臨時便など


エバー航空(BR)は7月1日から、関空/台北(桃園)線を1日1便増便する

同路線は現在週19便で運航中で、増便により週26便で運航することとなる

増便するのは関空を22時10分に出発し、桃園に翌日0時10分に到着するBR179便と、桃園を17時30分に出発し、関空に21時10分に到着するBR180便







posted by tbp at 17:02| おしらせ

2016年06月09日

TBPニュース 2016.6.09

香港航空、関空/香港線開設、7月からデイリー

香港航空(HX)は7月15日から関空/香港線をデイリーで開設する
機材は7月中は144席のエアバスA320型機を使用し、8月1日以降はA330型機に変更して大型化する予定
HXによれば、同社が関空に就航するのはこれが初めて



山東航空、週2便の関空/済南線をデイリーに、7月から

山東航空(SC)は7月1日に関空/済南線を現行の週2便からデイリー運航に増便する
使用機材は現在と同じボーイングB737−800型機で、座席数はビジネスクラス8席、エコノミークラス158席の計166席



ユナイテッド、12月に新ビジネスクラス、専用ラウンジも

ユナイテッド航空(UA)は12月、新たなビジネスクラスシート「ユナイテッド・ポラリス」を導入する
12月に導入するボーイングB777-300ER型機に搭載する予定で、17年からはB787-10型機、B767-300型機、B777-200型機、エアバスA350-1000型機にも順次搭載する予定
導入する路線については未定としている

 新たなシートは最大約2メートルのフルフラットシートで、全席から直接通路にアクセスできるよう配置

各シートにはムードライトや収納スペース、16インチのスクリーンなどを備える

キャビン中央の座席は、電動式の「プライバシーディバイダー」で仕切ることが可能

 寝具には米国の百貨店「サックス・フィフス・アベニュー」と共同開発したオリジナル製品を用意

フライト時間が12時間以上の路線では、希望に応じてパジャマも提供する

アメニティキットも刷新し、ラベンダーの香りの枕用スプレーや、アイマスクなどを提供する。

 加えて、12月1日にはシカゴ・オヘア国際空港に「ユナイテッド・ポラリス」のラウンジを開設

ラウンジ内には仮眠用ベッドやシャワールームなどを設ける予定で、その後はロサンゼルス、サンフランシスコ、ヒューストン、ニューアーク、ワシントン・ダレス、成田、香港、ロンドン・ヒースローにも開設するという




posted by tbp at 17:48| おしらせ

2016年05月20日

TBPニュース 2016.5.20

新千歳、発着枠拡大に向け試行運用、8月中旬に実施

新千歳空港は8月11日から21日までの期間の毎日10時から20時まで、1時間あたり離着陸回数を10回拡大する試行運用を実施する
北海道を訪れる訪日外国人旅行者の急増を受けて政府は、2017年夏ダイヤから同空港の日中時間帯発着枠を1時間あたり32回から42回に拡大する方針を発表したところ
それまでの短期的な対策として、多客期の一定期間について臨時便やチャーター便などを対象に発着枠を拡大し、運航状況を評価する


エアアジアX、関空/KUL線さらに増便、10月から週10便

エアアジアX(D7)は、現在はデイリー運航をおこなっている関空/クアラルンプール線を、10月1日から週10便に増便する
同路線については訪日旅行の需要増に応えるため、6月20日から月曜日と日曜日の便を追加して週9便化する予定だが、さらに土曜日の便を追加する
使用機材はエアバスA330-300型機で、座席数はビジネスクラス12席、エコノミークラス365席の計377席


タイ国際航空、関空/バンコク線にA380を再投入

タイ国際航空(TG)は5月17日、1日2便で運航している関空/バンコク線の一部の機材を大型化し、ファーストクラス9席、ビジネスクラス40席、エコノミークラス325席のボーイングB747型機から、ファースト12席、ビジネス60席、エコノミー435席のエアバスA380型機へと変更した
対象となるのはTG623便とTG622便
座席数の合計は374席から507席へと133席増加した

 TGは2013年12月から15年7月まで同路線でA380型機を使用していたが、その後は欧州線に導入するためB747型機に変更

しかし好調な訪日需要に加えて、タイへの日本人旅行者も増えていることから、A380型機の再投入を決定した

TGによれば現在、同機材を使用して関空に定期便を運航しているのは同社のみだという



外務省、次期パスポートに富嶽三十六景、19年度から


外務省は5月18日、次期パスポートの基本デザインを葛飾北斎の「富嶽三十六景」にすることを決定した

表紙のデザインは現在と同様で、査証欄のページに見開きで富嶽三十六景の36作品のうち「江戸日本橋」や「凱風快晴」など24作品を印刷する。導入時期は2020年の東京オリンピック開催などを踏まえて、19年度中を予定する

 新たなデザインについては、昨年12月に有識者5名による準備会合を開催し、6つの候補について「日本的なデザイン」をコンセプトに検討

富嶽三十六景は富士山をモチーフとした日本を代表する浮世絵であるほか、世界的にも広く知られていることから採用を決定したという

posted by tbp at 18:22| おしらせ

2016年04月29日

TBPニュース 2016.4.29

「コンラッド大阪」誕生へ、17年夏に164室、中之島の新ビルに

ヒルトン・ワールドワイドは、2017年夏に「コンラッド大阪」を開業する計画だ 
朝日新聞社と竹中工務店が大阪市北区に建設中の「中之島フェスティバルタワー・ウエスト」に入るホテルとして選ばれたもの
同ビルは朝日新聞ビルと大阪朝日ビルの跡地に建設が進んでいるところで、コンラッドは地上41階地下4階建てのうち33階から40階に入居する

 客室数は164室で、開業は17年夏の計画。館内にはレストラン3軒とバー、合計680平方メートルの宴会場、ウェディング用施設、スパ、フィットネスクラブ、プールなども配置する




ティーウェイ、関空/グアム線増便、9月からデイリー化


ティーウェイ航空(TW)は、週3便で運航している関空/グアム線を増便する 

現在は火曜日、木曜日、日曜日で運航しているが、7月16日からは土曜日を追加し週4便化し、9月1日からは週7便に増便する

運航機材はエコノミークラス189席のボーイングB737-800型機




台湾・阿里山、「阿里山森林鉄道」5月より運賃値上げ


今回、20年ぶりの運賃値上げとなり、値上げ幅は最大2倍となります

■ 値上げ後の運賃 (2016年5月〜)
* 阿里山線、嘉義〜奮起湖 間 --- 384元 (4/30まで 240元)
* 祝山線、阿里山〜祝山 間 --- 150元 (4/30まで 100元)
* 神木線、阿里山〜神木 間 --- 100元 (4/30まで 50元)
* 沼平線、阿里山〜沼平 間 --- 100元 (4/30まで 50元)
※現在、奮起湖〜神木駅区間は、前回の台風被害の修復工事のため、運行を中止しております




グアム空港にESTA専用レーン試験導入、4月から半年間


グアム政府観光局(GVB)によると、米国入国管理局はこのほど、グアム国際空港に電子渡航認証システム(ESTA専用)レーンを試験導入した

日本人旅行者は現在、グアムに入る際には「グアム−北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム」の適用により入国カードを提出するか、もしくは事前のESTA取得が必要となるが、ESTA専用レーンを設けることでESTA取得者の入国審査時間の大幅な短縮をはかる




フィリピン航空、関空/台北/マニラ線就航、6月からデイリー

現在運航しているももぞの台北/マニラ線を関空まで延伸するもので、関係国政府の認可取得が条件。1日1便で運航する計画で、同便の就航によりPRの関空/マニラ間は1日2便となる。同社はこのほか、関空/セブ線も1日1便で運航している



タイ国際航空、関空にA380とB787、夏ダイヤで座席増

タイ国際航空(TG)は夏ダイヤで、関空線にエアバスA380-800型機とボーイングB787-8型機を導入する 

 A380型機を投入するのは関空を午前に出発するTG623便と、バンコクを深夜に出発するTG622便で、3月27日から5月16日まではB747-400型機で運航するが、5月17日からはA380型機に切り替える 座席数はB747型機がファーストクラス9席、ビジネスクラス40席、エコノミークラス325席の計374席で、A380型機はファーストクラス12席、ビジネスクラス60席、エコノミークラス435席の計507席





posted by tbp at 11:16| おしらせ