2016年05月20日

TBPニュース 2016.5.20

新千歳、発着枠拡大に向け試行運用、8月中旬に実施

新千歳空港は8月11日から21日までの期間の毎日10時から20時まで、1時間あたり離着陸回数を10回拡大する試行運用を実施する
北海道を訪れる訪日外国人旅行者の急増を受けて政府は、2017年夏ダイヤから同空港の日中時間帯発着枠を1時間あたり32回から42回に拡大する方針を発表したところ
それまでの短期的な対策として、多客期の一定期間について臨時便やチャーター便などを対象に発着枠を拡大し、運航状況を評価する


エアアジアX、関空/KUL線さらに増便、10月から週10便

エアアジアX(D7)は、現在はデイリー運航をおこなっている関空/クアラルンプール線を、10月1日から週10便に増便する
同路線については訪日旅行の需要増に応えるため、6月20日から月曜日と日曜日の便を追加して週9便化する予定だが、さらに土曜日の便を追加する
使用機材はエアバスA330-300型機で、座席数はビジネスクラス12席、エコノミークラス365席の計377席


タイ国際航空、関空/バンコク線にA380を再投入

タイ国際航空(TG)は5月17日、1日2便で運航している関空/バンコク線の一部の機材を大型化し、ファーストクラス9席、ビジネスクラス40席、エコノミークラス325席のボーイングB747型機から、ファースト12席、ビジネス60席、エコノミー435席のエアバスA380型機へと変更した
対象となるのはTG623便とTG622便
座席数の合計は374席から507席へと133席増加した

 TGは2013年12月から15年7月まで同路線でA380型機を使用していたが、その後は欧州線に導入するためB747型機に変更

しかし好調な訪日需要に加えて、タイへの日本人旅行者も増えていることから、A380型機の再投入を決定した

TGによれば現在、同機材を使用して関空に定期便を運航しているのは同社のみだという



外務省、次期パスポートに富嶽三十六景、19年度から


外務省は5月18日、次期パスポートの基本デザインを葛飾北斎の「富嶽三十六景」にすることを決定した

表紙のデザインは現在と同様で、査証欄のページに見開きで富嶽三十六景の36作品のうち「江戸日本橋」や「凱風快晴」など24作品を印刷する。導入時期は2020年の東京オリンピック開催などを踏まえて、19年度中を予定する

 新たなデザインについては、昨年12月に有識者5名による準備会合を開催し、6つの候補について「日本的なデザイン」をコンセプトに検討

富嶽三十六景は富士山をモチーフとした日本を代表する浮世絵であるほか、世界的にも広く知られていることから採用を決定したという

posted by tbp at 18:22| おしらせ

2016年04月29日

TBPニュース 2016.4.29

「コンラッド大阪」誕生へ、17年夏に164室、中之島の新ビルに

ヒルトン・ワールドワイドは、2017年夏に「コンラッド大阪」を開業する計画だ 
朝日新聞社と竹中工務店が大阪市北区に建設中の「中之島フェスティバルタワー・ウエスト」に入るホテルとして選ばれたもの
同ビルは朝日新聞ビルと大阪朝日ビルの跡地に建設が進んでいるところで、コンラッドは地上41階地下4階建てのうち33階から40階に入居する

 客室数は164室で、開業は17年夏の計画。館内にはレストラン3軒とバー、合計680平方メートルの宴会場、ウェディング用施設、スパ、フィットネスクラブ、プールなども配置する




ティーウェイ、関空/グアム線増便、9月からデイリー化


ティーウェイ航空(TW)は、週3便で運航している関空/グアム線を増便する 

現在は火曜日、木曜日、日曜日で運航しているが、7月16日からは土曜日を追加し週4便化し、9月1日からは週7便に増便する

運航機材はエコノミークラス189席のボーイングB737-800型機




台湾・阿里山、「阿里山森林鉄道」5月より運賃値上げ


今回、20年ぶりの運賃値上げとなり、値上げ幅は最大2倍となります

■ 値上げ後の運賃 (2016年5月〜)
* 阿里山線、嘉義〜奮起湖 間 --- 384元 (4/30まで 240元)
* 祝山線、阿里山〜祝山 間 --- 150元 (4/30まで 100元)
* 神木線、阿里山〜神木 間 --- 100元 (4/30まで 50元)
* 沼平線、阿里山〜沼平 間 --- 100元 (4/30まで 50元)
※現在、奮起湖〜神木駅区間は、前回の台風被害の修復工事のため、運行を中止しております




グアム空港にESTA専用レーン試験導入、4月から半年間


グアム政府観光局(GVB)によると、米国入国管理局はこのほど、グアム国際空港に電子渡航認証システム(ESTA専用)レーンを試験導入した

日本人旅行者は現在、グアムに入る際には「グアム−北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム」の適用により入国カードを提出するか、もしくは事前のESTA取得が必要となるが、ESTA専用レーンを設けることでESTA取得者の入国審査時間の大幅な短縮をはかる




フィリピン航空、関空/台北/マニラ線就航、6月からデイリー

現在運航しているももぞの台北/マニラ線を関空まで延伸するもので、関係国政府の認可取得が条件。1日1便で運航する計画で、同便の就航によりPRの関空/マニラ間は1日2便となる。同社はこのほか、関空/セブ線も1日1便で運航している



タイ国際航空、関空にA380とB787、夏ダイヤで座席増

タイ国際航空(TG)は夏ダイヤで、関空線にエアバスA380-800型機とボーイングB787-8型機を導入する 

 A380型機を投入するのは関空を午前に出発するTG623便と、バンコクを深夜に出発するTG622便で、3月27日から5月16日まではB747-400型機で運航するが、5月17日からはA380型機に切り替える 座席数はB747型機がファーストクラス9席、ビジネスクラス40席、エコノミークラス325席の計374席で、A380型機はファーストクラス12席、ビジネスクラス60席、エコノミークラス435席の計507席





posted by tbp at 11:16| おしらせ

2016年03月09日

TBPニュース 2016.3.09

東京メトロ、1日乗車券を「24時間券」に

東京地下鉄(東京メトロ)は3月26日から、東京メトロ全線で利用できる企画乗車券「東京メトロ1日乗車券」を「東京メトロ24時間券」に変更する。
1日乗車券は使用開始時間に関わらず、その日の終電までを有効期間としているが、新たな企画乗車券は使用開始時から24時間を有効期間とし、夕方や夜から翌日にかけての観光など、旅行者のさまざまなニーズに対応する。

 また、修学旅行や教育旅行などの学生団体を取り扱う旅行会社向けの「東京メトロ学生用1日券」と、首都圏以外から東京を訪れる旅行者や訪日外国人旅行者向けの「Tokyo Subway Ticket(1-DAY、2-DAY、3-DAY)」についても、それぞれ「東京メトロ学生用24時間券」と「Tokyo Subway Ticket(24-hour、48-hour、72-hour)」に変更する。学生用24時間券の使用期限は使用開始から24時間。Tokyo Subway Ticketは24時間、48時間、72時間の3種類を用意した。


 販売価格は現行と同様で、東京メトロ24時間券は大人用が600円、子供用が300円。

東京メトロ学生用24時間券は300円で、Tokyo Subway Ticketは24時間券が800円、48時間券が1200円、72時間券が1500円とした。

 東京メトロ24時間券については前売券を中野駅、西船橋駅、副都心線渋谷駅以外の定期券売場で、当日券を東京メトロ各駅の券売機で販売。Tokyo Subway Ticketは羽田空港、成田空港、米子鬼太郎空港の空港カウンターのほか、首都圏以外の旅行会社、都内の家電量販店などでも販売する。




あの『アマン』が三重県浜島にやってくる


昨年10月に合歓の郷が、『NEMU HOTEL&RESORT』としてリニューアルオープンしているが、

3月末 その敷地内に世界中に展開するラグジュアリーリゾート「アマン」のリゾートホテル「AMANEMU」が新たに加わる予定だ。


アマンにとってはアマン東京に続き日本での2つ目の案件で、温泉がある初めてのリゾートとなる。
 
AMANEMUには24室のスイートと、4室の2ベッドルーム・ヴィラを配置。全室に温泉風呂を完備するほか、広大なアマン・スパ、レストラン、ラウンジなどがホテル内の施設に加わる。

ホームページを見る限り、1泊おひとり様あたり100,000円はくだらないようだ。




台湾・台北、5月以降、空車の大型バス「故宮博物院」境内への乗り入れ禁止に


「故宮博物院」では、見学品質の向上、及び周辺住民環境への影響削減のため、2016年5月以降、乗客のいない空車の大型バスの「故宮博物院」境内(第一展覧区: 本館入口)への乗り入れを禁止する。

 これを受け、大型バスにて故宮博物院を訪問するグループのお客様は、見学終了後に博物院入口からバスに乗車することが不可となる。

見学後は、大型バスの駐車場まで徒歩にて移動し、そこからバスに乗車いただく必要がある。

(駐車場までは、約200〜300m、徒歩約10〜15分程度)
なお、お客様が乗車している大型バスについては、現状通り「故宮博物院」の境内(入口)までバスの乗り入れが可能なため、これまで通り博物院入口までバスにて移動いただける。




NZ、関空/オークランド線を再開、11月から季節限定で週3便


ニュージーランド航空(NZ)は11月4日から2017年3月26日までの期間限定で、関空/オークランド線を週3便で再開する。

ニュージーランドの夏期の観光シーズンにあわせて運航するもので、使用機材はビジネスクラス24席、エコノミークラス206席のボーイングB767-300型機。関係国政府の認可取得が条件となる。





posted by tbp at 15:15| おしらせ

2016年02月25日

TBPニュース 2016.2.25

インドネシア(バリ島):ニュピ祭における注意喚起

1.インドネシアのバリ島においては,3月9日(土)はニュピ祭日(サカ暦新年)に当たります。ニュピ祭とは,断食と瞑想に専念するバリ・ヒンドゥー教徒の精神修養の日のことで,当日,バリ島では火や電灯が一切使われないほか,飲食店や商店などの営業が禁止され,外国人も含め様々な制約が生じます。

2.バリ州政府は,このニュピ祭が円滑に実施されるよう,外国人に対しても理解を求めるとともに,以下の内容の通達を発出しています。
(1)3月9日の午前6時(実際には9日未明の午前0時頃)から翌10日の午前6時までの24時間,火と電灯を使用しないこと,外出しないこと,娯楽など静粛を妨げる行為を行わないこと。
(2)そのため,バリ島のングラ・ライ国際空港においては,国内線・国際線ともにトランジット便及び緊急着陸便を除き,航空機の離発着を禁止する。(トランジット便の場合,乗客は空港内に留め置かれる。)
(3)また,バリ島に出入するための海港及び島内のターミナルをすべて閉鎖する。

3.つきましては,3月9日前後にバリ島への渡航・滞在を予定されている方は,ニュピ祭の行動制限が外国人を含むバリ島内のすべての人々に適用され,警察,医療機関,消防等の治安及び人命にかかわる特別かつ緊急を要する活動を除き,島内での屋外行動が禁止されることから,ニュピ祭当日はホテル等の宿泊施設から外出ができないことになりますので,現地事情を理解するとともに,現地滞在時は十分注意してください。

北京 禁煙法

昨年6月より北京にて『禁煙法』が施行されております
その為、北京のホテルでの喫煙が出来ません
違反すると罰則が有りますのでご注意下さい


台北 『國父紀念館』工事

2月15日より5月31日(予定)
一部見学不可になります


黒い新幹線

新潟〜越後湯沢にて4月29日運行開始の新幹線は
外装のデザインを写真家で映画監督の蜷川実花さんが、
車内のデザインを絵画の松本尚さんが、立体の荒神明香さんといった
アーチストたちが担当した現代アートの新幹線で、JR東日本によると
“世界最速の芸術鑑賞”を楽しめるとの事です
楽しみですね!!
posted by tbp at 12:23| おしらせ

2016年02月04日

TBPニュース 2016.2.04

  エア・カナダ 夏ダイヤで関空/バンクーバー線再開


  エア・カナダ・ルージュとして15年10月29日まで運航していた関空/バンクーバー線について、夏ダイヤで季節運航便として再開する
関空発は16年5月15日から10月29日まで運航する予定 
ACによれば、当初は週3便で運航を開始するが、6月から週5便に、7月から週6便に増便する計画だという
運航機材はボーイングB767-300ER型機で、プレミアムルージュが24席、ルージュクラスが256席の計280席



 タイガーエア台湾、関空/台北線を1日2便に


 タイガーエア台湾(IT)は2月1日、関空/台北(桃園)線を現在の週7便から週14便に増便する
旺盛な訪日旅行需要に応えるもので、ITによれば現在の同路線の利用者は約8割が台湾発
ロードファクターの平均は約73%で、増便分でも同様のロードファクターを見込むという

 使用機材はエコノミークラス180席のエアバスA320型機

増便分の運航スケジュールは下記の通り。

▽IT、関空/台北(桃園)線増便分運航スケジュール(2月1日〜)
IT213便 KIX 16時10分発/TPE 18時30分着(デイリー)
IT212便 TPE 11時40分発/KIX 15時10分着(デイリー)



 ジェットスターJ、国内LCC初のマニラ線



 ジェットスター・ジャパン(GK)は3月以降、成田、中部、関空/マニラ線を就航する

国内LCCのマニラ線就航は初めてで、GKにとっては香港と台北に続く3番目の国際線就航地


 関空/マニラ線(関空発:4月7日〜28日、マニラ発:4月8日〜29日)
GK81便 KIX 20時30分発/MNL 23時35分着(火・水・木・金)
GK80便 MNL 00時35分発/KIX 05時30分着(水・木・金・土)




  JTB、にっぽん丸で世界遺産周遊ツアー、軍艦島や上五島など



 「JTBクルーズ」で、「碧彩季航2016夏 にっぽん丸チャータークルーズ 世界遺産を訪ねて歴史と伝統を紡ぐ旅 京都祇園祭と下関・上五島 軍艦島周遊クルーズ6日間」の販売を開始

商船三井客船のにっぽん丸をチャーターして実施するもので、昨年にユネスコ世界遺産に登録された長崎の軍艦島や、16年7月の登録が期待される「長崎の教会群とキリスト関連遺産」がある上五島などを巡る

行程は7月16日から21日までの5泊6日で、横浜の大さん橋発着とした

 ツアーでは、上五島の教会群を巡ったのち、日没時に軍艦島沖を周遊する

また、大阪と下関にも寄港し、京都の祇園祭を観覧席から鑑賞するほか、下関の地元の人との「海の日夏祭りイベント」などに参加する

船内では、ジャズクラリネット奏者の北村英治さん率いるカルテットや、和太鼓ユニット「太鼓笑人めでたい」、ゴスペル・コーラスユニット「The Voice of West Harlem」のステージなどを楽しむ

 旅行代金は2名1室利用の場合、大人は25万2000円から109万円まで、子供は18万9000円から81万7500円



 香港ドラゴンが「キャセイドラゴン」に、CXとの一体感を強調



 キャセイパシフィック航空(CX)グループは、香港ドラゴン航空(KA)のブランド名称を「キャセイドラゴン航空」に変更すると発表した

posted by tbp at 17:09| おしらせ